スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[2ch] 島田紳助「ここがVIPっていうんか」

2011/10/01

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 21:55:23.35 ID:fo2Z1JHX0


品川「いやぁ紳助さんぐらいの笑いの才能あったら、すぐここでも天下取れますよぉ!」

紳助「仕事無くなったし暇つぶしにはええかもなぁ。しかしお前にパソコン買うのついてきてもらってホンマ良かったわー。」

品川「ま、一応僕は家電芸人で飯食ってますからねwwww明後日もアメトークの収録あるんでwwww」

紳助「お前いいなー。俺な、家電とか機械には弱いからホンマ頼むで!上地に聞いてもアイツわけわからんこと言い出すねん。」

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 21:56:49.77 ID:fo2Z1JHX0


品川「上地に聞いてもだめっすよwww家電のこと聞くなら芸能界だと俺か土田さんが確実っすよwwww」

紳助「せやなー。宮迫も言ってたわ。んで、このVIPで何すればええねん?」

品川「じゃあまず書き込んでみましょう!適当にスレ開いて、書き込んでみましょ!」

紳助「なんやねん?スレ?お前な、俺なんにも知らんねんで?ちゃんと教えてくれや」

品川「あ、すいませんwwwwちょっと僕がやっていいですか?カタカタカタカタ」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 21:58:00.23 ID:fo2Z1JHX0


紳助「お前何してんねん?」

品川「スレ立てたんですよwwww『伝説の芸人、島田紳助を語るスレ』ってタイトルでwww」

紳助「なんか照れるなぁwwwでもええやん?で、どうすればええねん。」

品川「ちょっと待ってて下さいね!すぐ書き込みあると思うんで、しばらくしたらF5キー押してみましょ!」

紳助「俺待つとか嫌いやねん!もう押すで!カチッ」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 21:59:09.26 ID:BCAzVJjh0


(´・ω・`)期待


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 21:59:43.64 ID:fo2Z1JHX0


『>>1 紳助が伝説とか馬鹿かお前?』

品川「あ」

紳助「なんやねんこいつ。◯したろか。」

品川「まあネットですからねwwwwしかもここはニートとかフリーターみたいな低収入の奴らばかりなんで、紳助さんみたいな金持ちを嫌うんですよwwww」

紳助「あんな、収入とか関係ないねん。なんか腹立つねん。」

品川「まあまあそう言わずに!僕なんてもっとヒドいこと書かれてますよwwww」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:00:24.26 ID:E6khlfkD0


くはは


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:01:02.04 ID:fo2Z1JHX0


紳助「お前性格悪そうやもんなー。そりゃ嫌われるわ。庄司も俺の前でお前のことボロクソ言ってんねんで?」

品川「庄司なんて嫁以外何もないやつっすからwwwwあ、紳助さん更新してみましょ!」

紳助「おお、そうやな。カチッ」

『>>1 紳助さんちーっすwwwwwwwwwwww』

品川「ぐふっwwww」

紳助「おい品川!なんやねんこいつ!何で俺ってわかってんねん!気持ち悪!監視カメラでもついてるんちゃうか!?」

品川「あーwww冗談で書いてるんですよwwww僕もよく書き込む度にこいつ品川じゃね?って言われるんで大丈夫っすよwwww」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:02:00.35 ID:fo2Z1JHX0


紳助「VIPってすごいねんな。ホンマびっくりしたで。カチッ」

『>>1 紳助いないとつまんないよな。あいつ喋りだけは天才だったもんなー。』

品川「おっ!やったじゃないですか紳助さん!ファンの方ですよ!」

紳助「こういうの嬉しいなあwwwでもこいつ、俺の喋ってること全部台本って知らんやろ?」

品川「まあそうですねwwww一般人はテレビ知らないですからね!」

紳助「お前自分がまるで一流芸能人みたいな言い方やなwwww」

品川「ちょっとやめてくださいよーwwwまだ一流じゃないっすよ!僕まだまだ若手なんでwwww」

紳助「何が若手やねんwwww」

品川「あ、紳助さん!更新更新!カチッ」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:03:42.45 ID:fo2Z1JHX0


『>>1 糞スレ立てんな』
『以下、ラーメンスレ』
『>>1 さっさと落とせ』
『紳助とか忘れてたわwwwwwwww』
『>>1 こいつ品川じゃね?」
『オワコンしゃくれしゃもじが伝説wwwwwwww』
『引退って素敵やん?』
『氏ねばいいのに』

品川「ンフ....wwwwwwww」

紳助「なんやねんこいつら。ちょっと組長に電話してくるわ。」

品川「だめですよ!紳助さん!バレたらまた週刊誌のネタになりますよ!」

紳助「冗談やアホwwwwまぁ俺も嫌われるのが仕事みたいなもんやったしなぁ。

品川「もう脅かさないでくださいよーwwww」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:05:01.11 ID:fo2Z1JHX0


紳助「ところでそろそろ俺も書き込みたいねんけど、ここでええんか?」

品川「あ、そうです!そこに入力して、ここをクリックです!」

紳助「簡単やん。ちょっと書き込むわ」

品川「あ、ちょっとお手洗いお借りしてもいいっすか?」

紳助「ええよ。そこのドア出て、廊下の突き当たりを右や」

品川「じゃあちょっと待ってて下さいねwwwwガチャ」

紳助「ほな書き込むか。名前の欄があんねんな。長谷川公彦...っと。メールアドレスはhekisagon...っと。」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:08:18.56 ID:NMQOzFW10


おもろいやん


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:08:21.23 ID:fo2Z1JHX0


紳助「本文どうしよかなあ。そうや、上地に電話してみよ。」

プルルルルルプルルルルル

紳助「お、上地?お前今大丈夫か?」

上地「お疲れさまっでーす!父ちゃん急にどうしたのぉ?」

紳助「あんな、今俺の家で品川とVIPって掲示板で遊んでんねん。でな、何書き込めばいいかお前に聞こうと思ってな」

上地「オイラよくわかんないケドσ(^_^;)、やっぱり挨拶は大事だと思うよ!」

紳助「あぁ挨拶か。せやな。そうするわ。てかお前この後暇なら俺の家で飯食っていってもええで?」

上地「マジぃぃ?じゃあすぐ行くねー!」

紳助「おう。じゃあまた後でな!」

紳助「じゃあ本文は、こんにちは。でええか。よし。カチッ。」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:09:50.98 ID:fo2Z1JHX0


品川「ガチャ!紳助さんの家ホント広いっすよねー!トイレ行くだけで迷子になりましたよwwww」

紳助「お前な、何回俺の家に来てんねんwwwwいい加減覚えろや。あとな、今上地に電話で聞きながら書き込んだとこやねん」

品川「上地に?wwwwとりあえずみてみましょ!」

紳助「あぁ。あと後で上地もウチに来るで。」

品川「おっ!じゃあ今日は3人で飲みましょ!」

紳助「ええな。たまには男だけっていうのも。」

品川「ですよね!で、書き込みを...ってちょっと紳助さんwwwwwwwwwwww」

紳助「なんやねん!急にデカい声出して!」

品川「なんで名前欄に本名入れてるんですか!それにメルアドもガチなやつじゃないですかwwwwwwww」

紳助「え?これ表示されるんか?」

品川「当たり前じゃないですか!何やってんすかwwwwwwww」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:10:23.55 ID:r4x+3tXv0


アホやん?


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:11:09.36 ID:Or+RgDI20


アホやん?


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:11:38.07 ID:fo2Z1JHX0


紳助「そういうことはもう少し早く言えボケェ!どうすんねん!メール来るかもしれないってことやろ?」

「ちんぷんかんぷん元気よく♪ちんぷんかんぷん可愛くね♪背伸びした女の子より~♪」

紳助「あ、メールきてもうた!電源消しておけばええか!」

品川「後で僕がまたアドレス変えておきますよ!兎に角、アドレスは入力しないでくださいね!」

紳助「せやなー。VIPって奥が深いねんな。」

品川「ほら早速スレが荒れてますよ!」

『長谷川公彦クソワロタwwwwwwww』
『これで本当に本人だったら笑えるなw』
『メルアド見る限り厨房だろ』
『安価でメールしてみようぜwwww』
『お前ら釣られすぎ』
『ニコ厨うぜぇ』
『で、どうすんのこのスレ』


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:11:59.37 ID:dDkJLb9J0


名前欄に本名入れるとか、素敵やん?


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:13:15.86 ID:Or+RgDI20


良スレやん?


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:15:02.67 ID:jN6jWZfbO


案外おもろいやん?


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:15:46.75 ID:9N6qAcN30


さすが品川さんは何させても天才だな


47: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2011/09/19(月) 22:16:13.79 ID:Ahz6SUZJ0


>>45
黙れ品川


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:16:38.06 ID:AraL0Jf50


>>45
お前品川だろ


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:17:54.58 ID:fo2Z1JHX0


紳助「さっきからこいつら何言ってるかわからへんわ。上地みたいやな。」

品川「いわゆる2ch言葉ですね!僕くらいになるとわかるんですけどwwww」

紳助「お前ちょいちょい腹立つなwwwwどついたろかwwww」

品川「冗談でもやめてくださいよwwwwww笑えないですよwwww」

「ピンポーン!父ちゃーん!品川さーん!」

紳助「お、上地や。おーい上地ー!勝手に上がれやー!」

上地「お邪魔しまーす!あ、父ちゃん品川さんお疲れ様です!何か面白い遊びやってるんですよね!?」

品川「まぁお前は知らないと思うけど、VIPっていう笑いの天才が集まるところだよ。」

上地「へぇー!オイラはブログしかやらないからなあσ(^_^;)」

紳助「お前アホやもんなあ。俺なんてもうVIP使いこなしてるで」

品川「どこがですかwwwwホントしっかりしてくださいよ!」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:19:44.34 ID:fo2Z1JHX0


紳助「あんな、俺は勘と記憶力だけはええねんで?もう立派なVIP使いやで。」

品川「VIPの住人のことを、VIPPERって言うんですよ!僕みたいに!」

上地「父ちゃんカッコいいー!」

紳助「VIPPERか。なんかええやん。そや、更新更新カチッ」

『スレッドを開けません。このスレッドはサーバーから消去されています。保存されている取得済みのログを開きますか?』

紳助「なんやこれ!品川!なんもしてないのに壊れたで!」

上地「オイラよくわかんないケド、もう書き込めないってことじゃないかな?σ(^_^;)」

品川「あっ!もう落ちちゃったんだwwww」

紳助「なんやねん!品川!お前のせいや!」

品川「ちょっと待って下さいよ!初めてのスレなんてこんなもんですよwwww」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:21:04.94 ID:fo2Z1JHX0


紳助「まぁなかなか面白かったわ。VIPっていうのもなかなか悪くないなwwww俺今は毎日が日曜日みたいなもんやから、ちょくちょくやることにするわ。」

上地「父ちゃんすげぇ!もうVIPっていうの使いこなしてる!」

品川「上地お前、あんまりわかってないだろwwww」

紳助「まぁ目も疲れたし、今日はもうパソコンはやめるわ。よっこらしょ...あっううううううううううッ!」

上地「父ちゃん!どうしたの!父ちゃん!(>_<)」

品川「紳助さん!どうしたんすか!」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:22:08.18 ID:ohIMDNAF0


急展開wwwwww


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:22:11.06 ID:cjusZ/1e0


おや?


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:22:36.46 ID:fo2Z1JHX0


紳助「あかんわー...今日ずっと座ってたからありえんくらい足しびれてんねん...あかん...あかんわー...」

上地「オイラ、野球部だったからマッサージできるよ!父ちゃんジッとしてて!モミモミ」

紳助「あぐあああらああああッ!アホ!上地やめろボケッ!
足さわんなッ!しびれとんねんッ!」

品川「上地お前やめろッ!馬鹿ッ!その手離せ!おいッ!」

上地「嫌だ!父ちゃんはオイラが守るって決めたんだ!父ちゃんのことを放っておくことなんてできないよ!(>_<)モミモミ」

紳助「アホかお前!今は放っておいて欲しいねん!状況考えろや!あっぐぬああああふすあああああらいッッ!揉むなボケ!離せ!上地!◯すぞッ!」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:24:13.15 ID:fo2Z1JHX0


上地「父ちゃんはオイラが!父ちゃんはオイラが!父ちゃんはオイラが!父ちゃんはオイラが!モミモミモミモミ」

品川「上地!足しびれてる人の足揉む馬鹿がいるかッ!やめろッ!足から手離せッ!紳助さん苦しんでるだろーが!」

紳助「やめろ馬鹿こらボケェ!ああああああだあああらああぐあああふああ!今しびれとる言っとるやろボケェ!」

上地「父ちゃんはオイラ!父ちゃんはオイラ!父ちゃんはオイラ!父ちゃんはオイラ!父ちゃんはオイラ!父ちゃんはボイラー!モミモミモミモミモミモミモミモミ」

品川「こいつッ!紳助さんを助けたいがあまりにリミッターが外れてやがるッッ!」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:25:14.19 ID:dDkJLb9J0


ブンシャカ池沼www


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:25:32.62 ID:Pc8vo4mI0


なんだこの展開wwww


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:25:34.05 ID:zS7ESiSP0


ボイラーwwww


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:25:48.98 ID:fo2Z1JHX0


紳助「上地ィィ!やめろ!俺や!俺の声が聞こえへんのかッッ!?足揉むのやめろ言うてんねんッ!」

上地「父ちゃん父ちゃん父ちゃん父ちゃん父ちゃん父ちゃん父ちゃん父ちゃん父ちゃん父ちゃん父ちゃん(>_<)モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ」

紳助「だっらあああぐぬはあああッ!アカン!今の上地はもう止められへんッ!品川ァァ!そこの引き出しの上から2番目に拳銃が入ってんねん!それで上地を撃つんやッッッ!」

品川「で、でもそんなことしたら上地はッッッ!」

紳助「やかましいわボケェ!お前も撃たれたいんかッッッ!お前も◯すぞッッッ!」

上地「モミモミモミモミモミモミモミモミ(>_<)モミモミモミモミモミモミモミモミ(>_<)モミモミモミモミモミモミモミモミ(>_<)モミモミモミモミモミモミモミモミ(>_<)」


98: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/09/19(月) 22:26:47.93 ID:h6cmMpGU0


なんやねんこれwwwwwwwwwww


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:26:57.00 ID:Pc8vo4mI0


モミすぎワロタ


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:27:38.27 ID:fo2Z1JHX0


品川「はぁッ!はあッ!上から2番目....あった!」

紳助「早くしろォォォ!品川ァァァァ!上地を撃つんやァァァァ!あああああああぐまやあああッ!足がぁぁあッッッ!足がしびれて動けへんッッッッッッ!」

上地「オイラ、トウチャン、マモル、オイラ、トウチャン、マモラナキャイケナイ、オイラハ、ボイラー、ミウラノ、ボイラー、トウチャンハ、ボイラーアアアアアアアッッッッッッッッッ!」

品川「ハアッ!ハアッ!(今の上地はもう俺らの知ってる上地じゃない...撃つんだ...紳助さんを守るためには撃つしかないんだ...)」

品川「うおおおおおあおッ!上地ィィイ!撃つぞおおおおッッッ!バキューンッッッッッ!」

上地「うッッッ!」


115: 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/09/19(月) 22:29:07.71 ID:I0p22ALq0


なんだこれ


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:29:27.44 ID:fo2Z1JHX0


品川「ハアッッッ!ハアッッ!ハアッ!

紳助「やった...のか...?」

品川「紳助さん!足は大丈夫ですか!?」

紳助「さっきよりはええねんけど、まだしびれとるわ...それにしても上地...」

上地「トウチャン...トウチャン...シン...シンコ...」

品川「上地が、何か言おうとしてる...?」

紳助「おい上地!大丈夫かッ!おいッ!」

上地「トウチャン...ミミ...カシテ....」

紳助「どうしたんや上地!言うてみィィ!」

上地「コマッタトキノ...オマジナイ...」

紳助「なんや上地!上地ッ!」

上地「シンコキュウシテカラノ...」

品川「…………(ヨッシャ!だろ?ヨッシャ!って言うんだろ!?)」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:30:17.07 ID:PBfwsaqC0


どうしてこうなった


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:30:21.83 ID:jN6jWZfbO


なんだよこれwwwwwwwwwwww


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:34:03.87 ID:fo2Z1JHX0


紳助「上地ィィ!上地ィィィィ!」

上地「ヨッシャ...」

ドサッ

紳助「上地...最期の最期まで...お前アホやな...」

品川「紳助さん...(上地があそこまであのフレーズを気に入っているとは...)」

紳助「感動...するやん....」


長文失礼致しました。昨日、魔呪力の継承者のスレを立てた者です。皆さんのおかげでまとめサイトに掲載されたので、感謝の意を込めて書いた物語です。

なお、この物語はフィクションです。ただの暇つぶしです。即興ネタでグダグダになり申し訳ありません。もっと腕を磨こうと思います。


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:34:08.07 ID:iDPksIQr0


なんだこのスレ


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/19(月) 22:35:31.47 ID:PRUaS91G0


素敵やん
スポンサーサイト
Copyright (c) - Sympathy - All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。